コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政党社会学 せいとうしゃかいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政党社会学
せいとうしゃかいがく

ドイツの社会学者 R.ミヘルスの著作。 1911年刊。『現代民主主義における政党の社会学-集団生活の寡頭制的傾向に関する研究』 Zur Soziologie des Parteiwesens in der modernen Demokratie: Untersuchungen über die oligarchischen Tendenzen des Gruppenlebensの簡約的表現である。ミヘルスはこのなかで,デモクラシーは組織を必要とするが「組織の本質のうちには,根強い少数者支配への傾向がある」と指摘し,政党や組合などの巨大組織の内部に寡頭制への傾向が必然的に生じることを実証した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android