コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政所壁書 まんどころかべがき

世界大百科事典 第2版の解説

まんどころかべがき【政所壁書】

室町幕府の法令集。室町幕府政所関係の壁書を収録したもの。1430年(永享2)より66年(文正1)に至る12ヵ条を収める《群書類従》所収本と,それに4ヵ条を付加する宮内庁書陵部所蔵写本がある。《群書類従》本には幕府政所執事代蜷川氏の後裔蜷川親文所持のものに拠った旨の奥書がある。事実《蜷川家文書》にある法令写と非常な親近関係にあることが注目される。本書にのみ存する独自な法令はないが,他本との校合に役立つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android