コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政教分離原則裁判 せいきょうぶんりげんそくさいばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政教分離原則裁判
せいきょうぶんりげんそくさいばん

靖国公式参拝訴訟をはじめとして,憲法の政教分離原則をめぐる裁判が提起されてきた。 1977年,津地鎮祭訴訟最高裁は地鎮祭の宗教的意義はもはや薄れているとして,行為の目的とそれが及ぼす効果を判断基準にすべきだとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

政教分離原則裁判の関連キーワード靖国公式参拝訴訟

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android