コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政教分離原則裁判 せいきょうぶんりげんそくさいばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政教分離原則裁判
せいきょうぶんりげんそくさいばん

靖国公式参拝訴訟をはじめとして,憲法の政教分離原則をめぐる裁判が提起されてきた。 1977年,津地鎮祭訴訟最高裁地鎮祭の宗教的意義はもはや薄れているとして,行為の目的とそれが及ぼす効果を判断基準にすべきだとした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone