コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津地鎮祭訴訟 ツジチンサイソショウ

デジタル大辞泉の解説

つじちんさい‐そしょう〔つヂチンサイ‐〕【津地鎮祭訴訟】

三重県津市が市立体育館の建設に際し、公金を支出して地鎮祭を行ったことについて、憲法に定められた政教分離の原則に反するかどうかが争われた裁判。最高裁判所は昭和52年(1977)、特定の宗教援助助成・促進したり、他の宗教を圧迫干渉を加えたりするものとは認められないとして、憲法に違反しないとの判断を下した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つじちんさいそしょう【津地鎮祭訴訟】

1965年に三重県津市は,神道式による市体育館起工式を行った。その起工式は,憲法20条3項〈国およびその機関は,宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない〉にいう宗教的活動に当たるとして,そこに招待された市会議員によって提起された訴訟が津地鎮祭訴訟である。第一審以来,宗教的行為と習俗的行為の区別がおもな争点となった。第二審の名古屋高等裁判所は起工式を違憲と判決したが,最高裁判所は8対5で合憲と判決した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

津地鎮祭訴訟の関連キーワード政教分離原則裁判政教分離訴訟江里口清雄岡原 昌男服部 高顕信教の自由服部高顕藤林益三本林譲

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android