津地鎮祭訴訟(読み)ツジチンサイソショウ

デジタル大辞泉の解説

つじちんさい‐そしょう〔つヂチンサイ‐〕【津地鎮祭訴訟】

三重県津市が市立体育館の建設に際し、公金を支出して地鎮祭を行ったことについて、憲法に定められた政教分離の原則に反するかどうかが争われた裁判。最高裁判所は昭和52年(1977)、特定の宗教援助助成・促進したり、他の宗教を圧迫干渉を加えたりするものとは認められないとして、憲法に違反しないとの判断を下した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つじちんさいそしょう【津地鎮祭訴訟】

1965年に三重県津市は,神道式による市体育館起工式を行った。その起工式は,憲法20条3項〈国およびその機関は,宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない〉にいう宗教的活動に当たるとして,そこに招待された市会議員によって提起された訴訟が津地鎮祭訴訟である。第一審以来,宗教的行為と習俗的行為の区別がおもな争点となった。第二審の名古屋高等裁判所は起工式を違憲と判決したが,最高裁判所は8対5で合憲と判決した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津地鎮祭訴訟の関連情報