コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教導団 きょうどうだん

1件 の用語解説(教導団の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうだん【教導団】

明治期の陸軍下士官養成機関。1869年(明治2)に陸軍幹部養成を目的とする大阪兵学寮が設置され,翌年兵学寮内に下士養成を目的とする教導隊が設置されたが,71年東京に移って教導団と改称し,73年に陸軍省直轄となった。貧しい下級士族の子弟が陸軍で立身する最初のコースとして入団することが多く,東条英機の父英教は教導団から下士官をへて将校になり,陸軍大学校第1回首席卒業生として中将にまで栄進した。教導団から陸軍士官学校に入学する道もあり,そのコースをたどったものに元帥武藤信義,大将田中義一らがいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

教導団の関連キーワード海軍操練所陸軍士官学校下士下士官准士官坂井直坂田虎之助鈴木孝雄野中四郎山岡熊治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教導団の関連情報