コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教導団 きょうどうだん

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうだん【教導団】

明治期の陸軍下士官養成機関。1869年(明治2)に陸軍幹部養成を目的とする大阪兵学寮が設置され,翌年兵学寮内に下士養成を目的とする教導隊が設置されたが,71年東京に移って教導団と改称し,73年に陸軍省直轄となった。貧しい下級士族の子弟が陸軍で立身する最初のコースとして入団することが多く,東条英機の父英教は教導団から下士官をへて将校になり,陸軍大学校第1回首席卒業生として中将にまで栄進した。教導団から陸軍士官学校に入学する道もあり,そのコースをたどったものに元帥武藤信義,大将田中義一らがいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

教導団の関連キーワード広東コミューン田中次郎(1)塘林 虎五郎斎藤 力三郎櫛引 武四郎竹内 賀久治黄埔軍官学校伊藤 鍉次郎吉岡 顕作小池 安之萩野 末吉高島鞆之助鈴木 鼓村陸軍諸学校水谷 不倒菊池慎之助南部 辰丙神尾 光臣山名 義路神成 文吉

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android