コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教導団 きょうどうだん

1件 の用語解説(教導団の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうだん【教導団】

明治期の陸軍下士官養成機関。1869年(明治2)に陸軍幹部養成を目的とする大阪兵学寮が設置され,翌年兵学寮内に下士養成を目的とする教導隊が設置されたが,71年東京に移って教導団と改称し,73年に陸軍省直轄となった。貧しい下級士族の子弟が陸軍で立身する最初のコースとして入団することが多く,東条英機の父英教は教導団から下士官をへて将校になり,陸軍大学校第1回首席卒業生として中将にまで栄進した。教導団から陸軍士官学校に入学する道もあり,そのコースをたどったものに元帥武藤信義,大将田中義一らがいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

教導団の関連キーワード藩学一覧女性参政権実業之日本伊庭八郎大村益次郎神代直人デ・ロング松平容大実業之日本地方巡察使

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

教導団の関連情報