コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江 おおえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大江
おおえ

京都府北西部,福知山市北部にある旧町域。由良川中流域にある。 1951年河守町,河守上村,河西村,河東村,有路上村,有路下村が合体し大江町が成立。 2006年福知山市に編入。北に酒呑童子の伝説などで知られる大江山がそびえる。中心集落の河守はかつて由良川の河港として繁栄。由良川沿いの狭い平地を除き,ほとんどが山地で覆われる。養蚕,酪農,養鶏のほか,小規模ながら製材や綿織物工業も行なわれる。福知山と宮津を結ぶ陸上交通の要地。かつて由良川沿岸ではしばしば水害が起こった。

大江
おおえ

熊本県南西部,天草市北西部の旧村域。天草諸島下島西部に位置する。 1889年村制施行。 1956年高浜村,福連木村,下田村と合体して天草町となり,2006年本渡市,牛深市,有明町,御所浦町,倉岳町,栖本町,新和町,五和町,河浦町の2市7町と合体して天草市となる。隠れキリシタンの里として知られ,小高い丘の上にロマネスク風石造の大江天主堂が建っている。付近は風光に優れ,海岸沿いは雲仙天草国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおえ〔おほえ〕【大江】

姓氏の一。
平安時代の学問の名家。もと土師宿禰(はじのすくね)で、のち大枝朝臣(おおえのあそん)の姓を賜り、音人(おとんど)のとき大江に改めた。
[補説]「大江」姓の人物
大江健三郎(おおえけんざぶろう)
大江卓(おおえたく)
大江朝綱(おおえのあさつな)
大江音人(おおえのおとんど)
大江千里(おおえのちさと)
大江広元(おおえのひろもと)
大江匡衡(おおえのまさひら)
大江匡房(おおえのまさふさ)

たい‐こう〔‐カウ〕【大江】

大きな川。大河。
揚子江(ようすこう)のこと。→大河

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおえ【大江】

姓氏の一。江家ごうけと称する。祖先は土師はじ氏。790年、大枝朝臣と改姓、さらに音人おとんどの時に大江と改めた。文章道もんじようどうの家として菅家(菅原氏)と並び称され、匡房まさふさ・広元らを出した。

たいこう【大江】

大きな川。特に、中国の長江(揚子江)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江
おおえ

京都府北西部、加佐(かさ)郡にあった旧町名(大江町(ちょう))。現在は福知山(ふくちやま)市北東部の一地区。旧大江町は1951年(昭和26)河守(こうもり)町が河守上、河西(かわにし)、河東、有路上(ありじかみ)、有路下の5村を編入して成立。2006年(平成18)福知山市に編入。由良(ゆら)川が貫流し、北部には大江山がそびえる。京都丹後鉄道宮福線が通じ、国道175号が走る。江戸時代には福知山と河口の由良(宮津市)とを結ぶ由良川の水運が栄え、その中継地であった。旧町域の大部分が山地で、水田は少ないが、「えびいも」「堀川ごぼう」などの京都伝統野菜の栽培が盛んで、養鶏、酪農も行われる。宮川沿いに内宮(ないく)、外宮(げくう)という集落があり、伊勢(いせ)に遷座する以前は皇大神宮が置かれていたと伝えられ、俗に元伊勢とよばれる。天田内(あまだうち)にある豊受(とようけ)大神社(外宮)の社殿は伊勢神宮と同じく神明(しんめい)造である。[織田武雄]
『『大江町史』(1984・大江町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大江の関連キーワード山形県西村山郡大江町十八才乙山形県西村山郡大江町十八才甲山形県西村山郡大江町本郷戊山形県西村山郡大江町本郷丙山形県西村山郡大江町本郷甲山形県西村山郡大江町三郷乙山形県西村山郡大江町本郷丁山形県西村山郡大江町三郷丙山形県西村山郡大江町顔好甲山形県西村山郡大江町顔好乙山形県西村山郡大江町本郷乙山形県西村山郡大江町三郷甲山形県西村山郡大江町塩野平山形県西村山郡大江町堂屋敷山形県西村山郡大江町月布山形県西村山郡大江町沢口山形県西村山郡大江町勝生山形県西村山郡大江町左沢山形県西村山郡大江町大鉢山形県西村山郡大江町橋上

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大江の関連情報