コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教皇大使 きょうこうたいしnuncius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教皇大使
きょうこうたいし
nuncius

ローマ教皇庁が諸外国に派遣する常駐の大使で,名義大司教をもってあてる。通常の外交任務のほか,任地国のカトリック教徒に対して教皇の権限のうち特定のものを代行することができる。ウィーン会議 (1815) 以来カトリック国においては最上席大使として遇せられ,外交団長をつとめる慣例がある。臨時に教皇代理として特派される枢機卿は教皇特使と呼ばれ,慣例上大使として扱われる。教皇公使は最上席の待遇は与えられない。日本には大使が常駐している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

教皇大使の関連キーワードインノケンチウス13世インノケンチウス10世ベネディクツス11世インノケンチウス9世ボニファチウス3世ハドリアヌス5世クレメンス10世グレゴリウス7世グレゴリウス1世クレメンス12世ピウス(12世)ピウス(11世)ウルバヌス8世シルウェリウスレオ[13世]クレメンス9世ヨハネス23世ウルバヌス7世マリヌス1世サビニアヌス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android