散乱円盤天体(読み)サンランエンバンテンタイ

デジタル大辞泉の解説

さんらんえんばん‐てんたい〔サンランヱンバン‐〕【散乱円盤天体】

太陽系外縁天体のうち、海王星の重力によってカイパーベルトからはじき出された天体。近日点は約30~40天文単位遠日点は数十~数百天文単位。1990年代半ば頃から発見されているが、太陽から遠く暗い天体が多いため、未発見のものが多いと考えられている。SDO(scattered disk object)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android