散乱円盤天体(読み)サンランエンバンテンタイ

デジタル大辞泉の解説

さんらんえんばん‐てんたい〔サンランヱンバン‐〕【散乱円盤天体】

太陽系外縁天体のうち、海王星の重力によってカイパーベルトからはじき出された天体。近日点は約30~40天文単位遠日点は数十~数百天文単位。1990年代半ば頃から発見されているが、太陽から遠く暗い天体が多いため、未発見のものが多いと考えられている。SDO(scattered disk object)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android