コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠日点 えんじつてんaphelion

翻訳|aphelion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠日点
えんじつてん
aphelion

太陽系内のすべての惑星および彗星の多くは,太陽の周囲を楕円形の軌道を描いて公転し,太陽はその楕円の1つの焦点に位置を占める。そこで,軌道上の太陽に最も遠くなる点を遠日点という。最も近くなる近日点の反対側にある。地球は7月初めに遠日点に達し,そのときの太陽からの距離は約1億 5200万 kmである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

遠日点【えんじつてん】

太陽を回る惑星,すい星の楕円軌道で太陽(焦点)から最も遠い点。近日点の対。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんじつてん【遠日点 aphelion】

惑星やすい星のような太陽系内の天体の運動を,太陽を1個の焦点とする楕円軌道に沿っていると見なしうるとき,その楕円軌道上の太陽からもっとも離れた地点を指す。逆に,太陽にもっとも近い点を近日点と呼ぶ。天体が遠日点を通過する時刻を遠日点通過と呼ぶが,ふつうは近日点通過のほうを用いる。地球の遠日点は,太陽から約1億5200万km離れていて,その遠日点通過は7月上旬である。【湯浅 学】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんじつてん【遠日点】

太陽を回る惑星や彗星すいせいの楕円軌道上で、太陽から最も離れた位置。この付近で公転速度は最小になる。地球の場合、毎年七月初め頃、この位置を通過する。 ⇔ 近日点

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠日点
えんじつてん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遠日点の関連キーワード地球近傍小惑星火星横断小惑星金星横断小惑星木星横断小惑星水星横断小惑星ホーマン軌道散乱円盤天体太陽(天体)木星族彗星長周期彗星短周期彗星ダモクレスハレー彗星イカルス人工惑星平均太陽未知惑星ヒダルゴアテン群セドナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠日点の関連情報