遠日点(読み)えんじつてん(英語表記)aphelion

  • えんじつてん ヱンジツ‥
  • えんじつてん〔ヱンジツ〕
  • えんにちてん ヱンニチ‥
  • 遠日点 aphelion

翻訳|aphelion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽系内のすべての惑星および彗星の多くは,太陽周囲楕円形軌道を描いて公転し,太陽はその楕円の1つの焦点位置を占める。そこで,軌道上の太陽に最も遠くなる点を遠日点という。最も近くなる近日点反対側にある。地球は7月初めに遠日点に達し,そのときの太陽からの距離は約1億 5200万 kmである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

太陽を回る惑星,すい星の楕円軌道で太陽(焦点)から最も遠い点。近日点の対。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

惑星やすい星のような太陽系内の天体の運動を,太陽を1個の焦点とする楕円軌道に沿っていると見なしうるとき,その楕円軌道上の太陽からもっとも離れた地点を指す。逆に,太陽にもっとも近い点を近日点と呼ぶ。天体が遠日点を通過する時刻を遠日点通過と呼ぶが,ふつうは近日点通過のほうを用いる。地球の遠日点は,太陽から約1億5200万km離れていて,その遠日点通過は7月上旬である。【湯浅 学】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

太陽を回る惑星や彗星すいせいの楕円軌道上で、太陽から最も離れた位置。この付近で公転速度は最小になる。地球の場合、毎年七月初め頃、この位置を通過する。 ⇔ 近日点

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 太陽を一つの焦点として楕円を描いて運動している惑星や彗星(すいせい)の軌道上で、太陽から最も離れている点。近点。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android