コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽系外縁天体 タイヨウケイガイエンテンタイ

2件 の用語解説(太陽系外縁天体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいようけいがいえん‐てんたい〔タイヤウケイグワイエン‐〕【太陽系外縁天体】

trans-Neptunian objects太陽系の天体のうち、海王星の軌道外にある天体の総称。冥王星エリスカイパーベルト天体・オールトの雲などからなる。外縁天体。海王星以遠天体。トランスネプチュニアン天体。TNO

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太陽系外縁天体
たいようけいがいえんてんたい
Trans Neptunian ObjectEdgeworth-Kuiper Beld ObjectKuiper Belt Object

太陽系の惑星中もっとも外側にあると考えられる海王星(かいおうせい)のさらに外側に分布する小天体群。1990年代から観測が進んで、現在1000個を超える太陽系外縁天体が登録されている。大きさは観測されているもので数十キロメートルから2000キロメートル程度で、冥王星(めいおうせい)はその一つであることが明らかとなり、2006年8月の国際天文学連合(IAU)総会において、冥王星は惑星ではなく太陽系外縁天体の中の大きなものとして、「準惑星dwarf planet」という位置づけがなされた。なお太陽系外縁天体は、学術的には海王星以遠天体を意味するTNO、またその存在を短周期彗星の軌道などから予測したアイルランドの天文学者K・エッジワース、アメリカの天文学者G・カイパーにちなんで、エッジワース・カイパーベルト天体、カイパーベルト天体などともよばれてきたが、太陽系理解のうえでのその重要性にかんがみ、日本では太陽系外縁天体(太陽系に限定されることが明らかな場合に単に「外縁天体」でもよい)という呼称を推奨することが、2007年、日本学術会議において決定された。
 冥王星以外の太陽系外縁天体の発見は、1993年4月発売の科学誌『ネイチャー』に掲載された、ハワイ大学天文学研究所のD・ジューイットとカリフォルニア大学バークリー校のJ・ルーによる報告が最初である。太陽からの距離は冥王星の約1.12倍(平均44.4天文単位)、地球とほぼ同じ公転軌道面内の円形の軌道を300年の周期で回っている直径200~250キロメートルの赤い色をした天体で、「1992QB1」と名づけられた。その後同類の天体の発見が相次ぎ、これまでに、おもに太陽から50天文単位以内の領域に1200個以上が分布していることが明らかになった。本体は水などの氷を主成分として砂粒などの岩石成分を含み、太陽系を周回する短周期の彗星(すいせい)はこれらを起源とすると考えられる。
 また太陽系外縁天体には、冥王星よりも大きなエリス、細い楕円軌道を描いて海王星の10倍以上の遠くまで達するセドナなどもあり、はるか遠方に存在が仮定されている長周期彗星の源・オールト雲との関係にも関心がもたれている。現代の太陽系形成論では、太陽系外縁天体は46億年前の太陽系形成にあたって惑星にまで成長できなかった始原的な天体である「微惑星」の生き残りと考えられている。したがって太陽系外縁天体の発見は、太陽系を空間的にも時間的にも非常に大きなものとして再認識させるものであった。[海部宣男・長沢光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太陽系外縁天体の関連キーワードエライジン酸トランスネプチュニアン天体OBTNOOBサミットTFAカロテン当量共役脂肪酸プロ野球OBと大学野球

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太陽系外縁天体の関連情報