コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散乱波通信 さんらんはつうしん scattered wave communication

1件 の用語解説(散乱波通信の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんらんはつうしん【散乱波通信 scattered wave communication】

電波が対流圏電離層に入射したときに乱反射したものを散乱波といい,この散乱波を利用して行う通信。散乱された電波のエネルギーは微弱であるが,高感度の受信機によって遠距離まで通信できる。数十~100MHzの電波によって数千km程度の到達距離が得られる。低周波数を用いる通信に比べて大気や電離層のじょう乱の影響をあまり受けない。【宮川 洋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

散乱波通信の関連キーワードF層吸音率圏界面コーナーキューブ対流圏電離層電波暗室電離電流吸収率デリンジャー効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone