コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散木 サンボク

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぼく【散木】

材木として役に立たない木。また、役に立たない人のたとえ。
「尊氏、直義といふ者あり、―の陋質(ろうしつ)を恥ぢず」〈太平記・一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぼく【散木】

材木として役に立たない木。また、役に立たない人のたとえ。 「 -の陋質を恥ぢず/太平記 14

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

散木の関連キーワード須陀・首陀夜頃・夜来目もすまに扱き下ろす文宝亭文宝散木奇歌集みどろし尾崎南竜謎謎物語じじめく源俊頼夜越し瀬切り伏し柴すまにしがう病まふ踏外し侘び事瓦の松

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android