数の外(読み)カズノホカ

  • かず
  • かぞえ
  • の 外(ほか)

大辞林 第三版の解説

定員外であること。かずよりほか。 白壁皇子-にて位に付き給ふべくもなかりけるに/十訓 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

定められた人員以外の人。定員外。定数外。かぞえのほか。数より外。⇔数の内
※半井本保元(1220頃か)上「重仁人数の内に入る可き処に、数の外なる、文にも武にもあらぬ四官に位をこされ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数の外の関連情報