コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数量割引 すうりょうわりびきquantity discount

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数量割引
すうりょうわりびき
quantity discount

差別価格の一つで,累積的割引と並んで数量差別価格の代表的なもの。1回の購入量の大きさにより決定される割引で,販売費,包装費,配達費などの費用を安くするために,大量の一括注文をさせようという目的で行われる。一方累積的割引は長い期間 (たとえば 10ヵ月) にわたる総購入量の大きさに基づいて行われる割引で,売手が生産計画の設定を容易にし,生産量の変動を安定化させて,在庫への投資を削減するなどの目的で大口の買手に利益を与える。またそれによって売手も費用節約の利益を得られることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

数量割引の関連キーワードAmazon Business価格調整小包

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数量割引の関連情報