コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差別価格 さべつかかく differential price

1件 の用語解説(差別価格の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

差別価格
さべつかかく
differential price

買手のおかれている購入時点での特定の状況に適応し,同一の商品に対する同一の買手あるいは異なる買手に対して,費用の差に対応しない異なった価格を課すること。実際に用いられている差別価格としては,買手の購入数量に基づく価格差別 (→数量割引 ) ,買手の立地の差異によって設ける地理的差別 (均一納入価格制,基準点価格制,積出し価格制など) ,時間的差別 (遠距離電話料金の昼夜の差別,ホテルの季節別料金など) ,製品用途差別 (買手の性格あるいは買手がその製品をどのような用途に用いるかによる差別で,映画館,理髪店などの成人,子供の料金の区別,電気やガスの家庭用,営業用の別料金など) などがあげられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

差別価格の関連キーワード購入時点のプロモーション購買状況による細分化購入ブランド数システム購買製品差別化決算日静態特定遺贈通貨先物(Financial Futures)精神生物学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone