文化的景観(読み)ブンカテキケイカン

デジタル大辞泉の解説

ぶんかてき‐けいかん〔ブンクワテキケイクワン〕【文化的景観】

その地域の自然と人々の暮らしが交じり合うことでつくり上げられた景観。→重要文化的景観
[補説]文化財保護法では、「地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの」と定義されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文化的景観の関連情報