コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文石小麻呂 あやしの おまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文石小麻呂 あやしの-おまろ

日本書紀」にみえる豪族
播磨(はりま)(兵庫県)御井隈(みいくま)の人。旅人や商船から略奪し納税を拒否したため,雄略天皇13年討伐を命じられた春日小野大樹(かすがのおのの-おおき)に襲撃された。小麻呂は馬ほどの大きさの白犬に姿をかえて大樹をおそったが,きり殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

文石小麻呂の関連キーワード播磨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android