文色(読み)アイロ

  • ▽文色

デジタル大辞泉の解説

《「あやいろ」の音変化》模様。また、物のようす。多くあとに打消しの語を伴う。目(あやめ)。
「ものの―もわかたないほどに暮れかけたが」〈里見弴多情仏心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「あやいろ」の変化した語) 模様。また、ものの様子。多く、下に「見えない」「わからない」の意のことばを伴い、「(ものの)見分けがつかない、区別がわからない」などの意に用いる。文目(あやめ)
※虎寛本狂言・空腕(室町末‐近世初)「何を申も、余りくらうて物のあいろが見へぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android