コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空腕 ソラウデ

デジタル大辞泉の解説

そらうで【空腕】

狂言。主人が腕自慢の太郎冠者を試そうと夜道を使いに出す。太郎冠者は途中こわさのあまり黒く見えるものを追剝(おいはぎ)と思って、借りてきた主人の太刀を差し出して助けを請い、あとをつけてきた主人に取り上げられる。太郎冠者は帰ってから自慢話をし、太刀を見せられて驚く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そらうで【空腕】

狂言の曲名。太郎冠者狂言。大蔵・和泉両流にある。ある夕暮れ,主人は太郎冠者に,来客接待用の鯉を淀へ行って求めてこいと言いつける。臆病な冠者は用心のため主人の太刀を借りて出かけるが,洛外へ出ると早くも物影におびえ,追剝(おいはぎ)と思い込んで平身低頭し,太刀を差し出して命乞いをする。ひそかに跡をつけてきた主人はこのようすを見て,太刀を取り上げ,扇で背中を打つと冠者は気絶する。主人は先に帰るが,やがて正気づいた太郎冠者は命が助かったことを喜び,帰宅すると主人に向かい,淀へ行く途中,大勢の賊と戦い,さんざんにやっつけたが,太刀が折れたのであとを見ず逃げ帰ったと,武勇談を並べ立てる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そらうで【空腕】

狂言の一。使いに出された太郎冠者は松の木を追い剝ぎかと思い主人の太刀を差し出して助けを請い、帰宅してでたらめな武勇談を語る。しかし、あとをつけていた主人に化けの皮をはがされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空腕
そらうで

狂言の曲名。太郎冠者(かじゃ)狂言。暮れ方、主人は太郎冠者(シテ)に淀(よど)で魚を求めてくるよう言いつける。臆病(おくびょう)な太郎冠者は主人の太刀(たち)を借りて出かけるが、京都市中を出外れると、ちょっとした物影にもおびえ、人のいない闇(やみ)へ太刀を差し出して助けを請う始末である。あとをつけてきた主人がこれを見て太刀を取り上げ、扇で打つと冠者は気を失ってしまう。やがて正気に戻った冠者は帰宅して主人を呼び出し、淀へ行く途中大ぜいの賊に会い、さんざん戦ったが、太刀が折れたので逃げ帰ってきたと、でたらめの武勇談を並べ立てる。事実を知っている主人は存分にしゃべらせたのちに、太刀を見せて、冠者の臆病ぶりをしかる。冠者の仕方話による空腕立(そらうでだて)(偽りの武勇自慢)が見どころ。[林 和利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

空腕の関連キーワード狂言現行曲一覧化けの皮鉄の楯手柄者狂言尻桁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android