コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田敏 うえだびん

9件 の用語解説(上田敏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上田敏
うえだびん

[生]1874.10.30. 東京
[没]1916.7.9. 東京
詩人,評論家,英文学者。父絅二 (けいじ) は幕末の儒者乙骨耐軒 (おつこつたいけん) の次男。 1889年第一高等学校に入学,『文学界』同人に参加,94年東京大学英文科に進み,『帝国文学』の創刊に参画,創刊号からフランス象徴詩などの海外文学の紹介を精力的に続けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うえだ‐びん〔うへだ‐〕【上田敏】

[1874~1916]英文学者・詩人。東京の生まれ。号は柳村。西欧の文学、特にフランスの象徴詩の名訳で知られる。訳詩集「海潮音」、詩・訳詩集「牧羊神」、小説「うづまき」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

上田敏【うえだびん】

評論家,翻訳家,詩人。初期の号は柳村。東京築地生れ。東大英文科卒。東大在学中に《帝国文学》創刊に参加,誌上で海外文学を紹介し,以後,《文芸論集》など,評論集,訳文集を次々に刊行。
→関連項目蒲原有明邪宗門象徴主義太陽パンの会文学界三田派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田敏 うえだ-びん

1874-1916 明治-大正時代の外国文学者,詩人。
明治7年10月30日生まれ。帝国大学在学中に「帝国文学」の創刊に参加し,小泉八雲にまなぶ。夏目漱石とともに東京帝大英文科講師をつとめ,のち京都帝大教授。「明星」などに訳詩,評論を発表し,明治38年訳詩集「海潮音」を刊行。マラルメ,ボードレールらを紹介した。大正5年7月9日死去。43歳。東京出身。号は柳村。
【格言など】山のあなたの空遠く「幸」住むと人のいふ。ああわれひとと尋(と)めゆきて,涙さしぐみ,かへりきぬ。山のあなたになほ遠く「幸」住むと人のいふ(「海潮音」)

上田敏 うえだ-さとし

1932- 昭和後期-平成時代の医学者。
昭和7年1月3日生まれ。38年東大病院にリハビリテーション部を設立。ニューヨーク大に留学し,59年東大教授となる。平成4年帝京大教授。日本リハビリテーション医学会会長をつとめた。福島県出身。東大卒。著作に「リハビリテーション」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

上田敏

1874〜1916(明治7年〜大正5年)【詩人】美しい翻訳詩で明治詩壇に新風。 「山のあなたの空遠く」は今も愛唱される。明治期の英文学者・評論家・詩人。柳村と号す。東京都生まれ。東大卒。北村透谷亡き後の「文学界」を指導し、「帝国文学」発刊にも参画。のち東京帝国大学英文科講師をへて、京都帝国大学教授となる。パンの会や「スバル」の理論的指導者の一人として後進を指導。1905年(明治38)のブッセ「山のあなた」やヴェルレーヌ「落葉」を収録した訳詩集「海潮音(かいちょうおん)」により象徴派を国内に紹介、他にも「牧羊神」「詩聖ダンテ」などで詩壇に多大な影響を与えた。

出典|財団法人まちみらい千代田
江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うえだびん【上田敏】

1874‐1916(明治7‐大正5)
英・仏文学者,詩人,評論家。初期には柳村と号した。旧幕臣の子で東京築地の生れ。一高を経て東大英文科卒。東京高等師範学校教授,東大講師,京大教授を歴任。一高在学中,島崎藤村らの《文学界》同人となり,東大入学とともに《帝国文学》の創刊に参画,第1期の編集委員となり,同誌上にヨーロッパ各国の文芸思潮の紹介を連載し,評伝《耶蘇(ヤソ)》(1899)以下,訳文集《みをつくし》,評論集《最近海外文学》《文芸論集》《詩聖ダンテ》(以上1901)などを相ついで刊行,文壇に新知識をもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うえだびん【上田敏】

1874~1916) 詩人・英仏文学者。東京生まれ。京大教授。海外文学の翻訳・紹介に努め、特に訳詩集「海潮音」は象徴詩の勃興に貢献した。著「最近海外文学」「牧羊神」「うづまき」「詩聖ダンテ」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上田敏
うえだびん
(1874―1916)

詩人、評論家、英文学者。東京生まれ。号柳村(りゅうそん)。第一高等中学在学中から文学サークル「無名会」でその早熟な文才を発揮、1894年(明治27)に平田禿木(とくぼく)の紹介で『文学界』同人となり、学芸の世界に目を注ぐ美的傾向を示した。同じ同人の島崎藤村(とうそん)の人生凝視の姿勢と違い、芸術のための芸術を志向する敏の活動は、東京帝国大学英文学科の学生時代にも顕著で、『帝国文学』の編集委員を務め、ケーベルや小泉八雲(やくも)に学び学識を深めた。97年大学卒業後は高等師範学校で英語を教え、『耶蘇(やそ)』(1899)を処女刊行、『文芸論集』『詩聖ダンテ』『最近海外文学』(ともに1901)と多彩な西欧文学紹介の著作をまとめた。1902年(明治35)に雑誌『芸苑(げいえん)』を出すが1号で廃刊、森鴎外(おうがい)と合流する形で『芸文』『万年艸(まんねんぐさ)』を出し、訳詩の試みも増えた。それらの訳詩は、フランス高踏派、象徴派のみごとな紹介ともなった訳詩集『海潮音』(1905)にまとめられている。その間、29歳の若さで夏目漱石(そうせき)とともに東京帝国大学講師となったが、07年に外遊、翌年京都帝国大学に迎えられ、のち教授となった。アンドレーエフの小説『心』の翻訳もあるが、10年に『国民新聞』に連載した唯一の小説『うづまき』は、敏の到達した享楽主義を示す思想的自伝ともなっている。没後『現代の芸術』や訳詩集『牧羊神』が出た。[中島国彦]
『『定本上田敏全集』全10巻(1978~81・教育出版センター) ▽安田保雄著『上田敏研究』増補新版(1969・有精堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上田敏の言及

【海潮音】より

上田敏の訳詩集。1905年(明治38)本郷書院刊。…

【ダンテ】より

… ダンテの作品は,約言すれば,政治と文学との激しい葛藤のなかで生み出された。日本においては,明治時代から《新生》と《神曲》を中心に,かなりの翻訳と紹介が行われてきたが,その傾向を大別すると,第1は上田敏を頂点とする純文学的動機によるもの,第2は内村鑑三,正宗白鳥ら宗教的関心に基づくもの,第3は阿部次郎が築こうとした哲学的・倫理的傾向のもの,そして第4にダンテの文学を政治と文学の葛藤の角度から(とくに第2次世界大戦下の日本の状況と照らし合わせて)とらえようとしたもの(矢内原忠雄,花田清輝,杉浦明平ら)となる。《神曲》の翻訳としては,文章表現と文体に問題は残るが,最も原文に忠実で正確なものとして,山川丙三郎訳を挙げねばならない(1984年現在)。…

【伝説】より

… そこで,両者のこうした違いに着目して,19世紀初頭にドイツのグリム兄弟は〈昔話は詩的であり,伝説は歴史的である〉と説いた。一方,日本の研究者で早くにその種の見解を示したのは上田敏である。Folkloreの訳語に〈俗説学〉の語を用いた。…

【フランス文学】より

…彼らはまた,その頃《懺悔録》と訳されていたルソー《告白》の影響もあって,文学は内心の吐露であるべしとも考えていた。一方,詩の領域では,主として上田敏の紹介を通してボードレール,ベルレーヌの作品が広く知られ,明治末期から大正にかけて,薄田泣菫,蒲原有明,北原白秋,萩原朔太郎らが,象徴という手段を通して,内的な感情・情緒を表現しようと試みた。 明治・大正を通じて,フランス文学を最も深く呼吸した作家は永井荷風であろう。…

【万年艸】より

…《芸文》の後身。森鷗外が中心であるが,鷗外・上田敏の芸術サークルを背景とする。呼び物であった合評(近松《心中万年草》など)のほか,評論,詩歌,考証,翻訳に優れたものがある。…

【民謡】より

…【徳丸 吉彦】
【日本】

[名義]
 日本で民謡の語が一般化したのは近代以降である。明治中期,作家の森鷗外や英文学者上田敏などが民謡の語を使用したのは,ドイツ語のフォルクスリード,英語のフォーク・ソングの訳語としてで,国文学者の志田義秀は1906年に発表した《日本民謡概論》で,民謡とは技巧詩・芸術詩を意味するクンストポエジーKunstpoesieに対するフォルクスポエジーVolkspoesieすなわち民間の俗謡の意であると述べている。以来,前田林外編《日本民謡全集》(1907),童謡研究会編《日本民謡大全》(1909)などが出て,民謡の語は徐々に普及するようになった。…

※「上田敏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

上田敏の関連キーワード島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ岩崎弥太郎カズヌーヴ菊池三渓善助成島柳北西周

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上田敏の関連情報