コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文部省雑誌 もんぶしょうざっし

世界大百科事典 第2版の解説

もんぶしょうざっし【文部省雑誌】

明治初期の文部省の教育啓蒙雑誌で,教育雑誌としては日本で最初のものである。1873年4月,前年8月から文部省の事務報告として逐次刊行されていた《文部省日誌》を改題し,教育制度や学事一般の状況報告に加えて,欧米の先進的な教育論説や教育事情を紹介する目的で発行された。翌74年第18号まで和紙に活版印刷,以降は洋紙両面印刷となり,しだいに外国の教育新聞雑誌からの翻訳を増した。76年4月に《教育雑誌》と改題。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報