コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎田塩 さいだじお

1件 の用語解説(斎田塩の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいだじお【斎田塩】

阿波国撫養(むや)塩田(鳴門市)で生産される塩をいう。1599‐1607年(慶長4‐12)の間に,斎田を中心とする撫養沿岸では,徳島藩によって次々と入浜塩田が開発された。その後も開発が進み,1644年(正保1)にはいわゆる斎田塩方12ヵ村が成立する。江戸へ瀬戸内産塩(下り塩)が流入しはじめるのは元和(1615‐24)ころで,当時は阿波斎田塩,播州荒井塩,同赤穂塩が主であった。18世紀末の撫養塩田の面積は297町余,生産高132万俵余(2斗5升入り)で,大部分が江戸売りである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の斎田塩の言及

【下り塩】より

…開府当初の江戸の塩需要は下総行徳,武蔵大師河原など江戸湾岸で産出される地塩(地廻り塩)に依存していたが,江戸の発展は地塩だけではとうてい需要を満たしえず,瀬戸内十州塩に依存せざるをえなくなった。瀬戸内塩は元和(1615‐24)ころから江戸に流入しはじめるが,初めは阿波斎田塩,播州荒井塩,同赤穂塩が中心であった。武州川越の商人,榎本弥左衛門の覚書《万之覚》によると1652年(承応1)11月28日から12月5日までに江戸に入津した塩船は230艘で,そのうち100艘が荒井船であったといい,また当時,1年間に江戸に入津する塩船は250~300艘で,積荷は約50万俵であった。…

【撫養塩田】より

…その後,播州,淡路あるいは当国内からの移住者の手によって塩田の開発がすすみ,1644年(正保1)までに立岩,弁財天,北浜,南浜,斎田,大桑島,小桑島,黒崎,三ッ石,高島,明神,小島田の,いわゆる撫養12ヵ村(塩方12ヵ村)の塩村が成立した。そして,これら12ヵ村で生産される塩は,すべて斎田塩(さいだじお)と称された。のち,同塩の名声が高まとともに,各地に同名を称するものができたので,それと区別するため本斎田塩とも称した。…

※「斎田塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

斎田塩の関連キーワード鳴門市撫養鳴門教育大学大鳴門橋阿波の鳴門なるちゃん鳴門秘帖大谷五郎右衛門篠原孫左衛門花乃春

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone