コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎院中将 さいいんのちゅうじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎院中将 さいいんのちゅうじょう

?-? 平安時代中期の歌人。
斎院司長官源為理の娘。村上天皇の皇女賀茂斎院(大斎院)選子内親王(964-1035)に妹斎院中務(なかつかさ)とともにつかえる。藤原惟規(のぶのり)(紫式部の兄,一説に弟)の恋人といわれる。歌は「大斎院御集」「後拾遺和歌集」などにおさめられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android