コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選子内親王 センシナイシンノウ

7件 の用語解説(選子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんし‐ないしんのう〔‐ナイシンワウ〕【選子内親王】

[964~1035]平安中期の歌人。村上天皇の皇女。12歳のときから57年間、賀茂神社斎院をつとめ、大斎院と称された。家集「発心和歌集」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

選子内親王【せんしないしんのう】

平安中期の賀茂斎院,歌人。村上天皇第10皇女。大斎院(だいさいいん)選子とも。母は藤原師輔の女(むすめ)中宮安子。円融天皇から後一条天皇まで5代57年にわたって賀茂神社の斎院として奉仕し,大斎院と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

選子内親王 せんしないしんのう

964-1035 平安時代中期,村上天皇の第10皇女。
応和4年4月24日生まれ。母は中宮藤原安子。天延3年賀茂斎院となり,長元4年まで57年間つとめて大斎院とよばれた。和歌にすぐれ,斎院に後宮とならぶ文芸サロンを形成した。長元8年6月22日死去。72歳。家集に「大斎院前(さき)の御集」「大斎院御集」「発心和歌集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

選子内親王

没年:長元8.6.22(1035.7.29)
生年:康保1.4.24(964.6.6)
平安時代の斎院,歌人。村上天皇と中宮安子(藤原師輔の娘)の子。天延3(975)年6月賀茂の斎院に卜定され,以後57年間,円融・花山・一条・三条・後一条天皇の5代にわたり在職。異例の長期奉職により大斎院と称された。歌作に秀で『拾遺集』以下の勅撰集に37首入集。温厚な人柄と才知により,皇后定子や中宮彰子の後宮サロンに並ぶ大斎院サロンを主導した。『枕草子』『紫式部日記』に記された同時代人の大斎院評は興味深い。また『源氏物語』が大斎院の要望によって創作されたとする話も伝わる。家集に諸経の法文を題とした釈教歌集『発心和歌集』と,大斎院サロンの日常を描いた歌日記ともいうべき『大斎院御集』『大斎院前の御集』がある。斎院という特殊な環境に,藤原氏の権勢によらぬ超俗的で清尚風雅なサロンを築き上げた人物として注目される。

(中周子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんしないしんのう【選子内親王】

964‐1035(康保1‐長元8)
平安時代の賀茂斎院,歌人。村上天皇第10皇女。母は藤原師輔の娘安子。975年(天延3)に11歳で賀茂神社の斎院になり,以後57年間,円融・花山・一条・三条・後一条の5朝に斎院として奉仕し,大斎院と称される。斎院には,宰相,馬内侍,斎院中務,斎院中将,右近,などの多数の女房を集め,〈歌のかみ〉〈物語のかみ〉を定めたりし,皇后定子(藤原定子),中宮彰子(上東門院)とならんで,後宮文芸の発展に寄与した。《拾遺和歌集》以後の勅撰集に37首入集し,家集《大斎院前の御集》《大斎院御集》《発心和歌集》を残す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんしないしんのう【選子内親王】

964~1035) 平安中期の歌人。村上天皇の皇女。57年間賀茂の斎院を務め大斎院と呼ばれる。「大斎院前の御集」「大斎院御集」はその生活を伝える。家集に「発心和歌集」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

選子内親王
せんしないしんのう
(964―1035)

村上(むらかみ)天皇第10皇女で、母は中宮安子。975年(天延3)賀茂(かも)の斎院(さいいん)となり、1031年(長元4)退下するまで、円融(えんゆう)・花山(かざん)・一条(いちじょう)・三条・後一条の5代57年間在任。大(だい)斎院と称された。退下後出家。紫野(むらさきの)の世俗を離れた地で、定子・彰子後宮と並び称されるがそれとは異質のサロンを形成、領導した。内親王を中心とする女房ほかの人々が日常生活を情趣化し詠歌した、斎院集団の記録が『大斎院前(さき)の御集(ぎょしゅう)』『大斎院御集』で、前者は内親王21~23歳、後者は51~55歳にあたる同一性格の家集である。また、内親王には、和歌により仏に結縁(けちえん)するための『発心(ほっしん)和歌集』(1012成立)がある。『拾遺集』以下の勅撰(ちょくせん)集に38首入集(にっしゅう)する。
 思へども忌(い)むといふなることなればそなたにむきてねをのみぞなく[杉谷寿郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の選子内親王の言及

【斎院】より

…年中行事である賀茂祭(葵祭)には斎院御禊,祭りの当日の渡御,翌日の還立(かえりだち)(祭りのかえさ)といったぐあいに重要任務を帯びた。歴代の斎院の中でも村上天皇皇女の選子内親王は,円融から後一条天皇までの5代,50余年間にわたって在職し,もって大斎院と称された。さらに選子に仕えた女房たちの中には優れた歌人が輩出し,一つの文芸サロンを形成した。…

※「選子内親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

選子内親王の関連キーワード斎宮女御婉子内親王斎院中将承子内親王小弐藤原登子穆子内親王輔子内親王本院侍従楽子内親王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone