コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑岩銅鉱 はんがんどうこうporphyry ore

岩石学辞典の解説

斑岩銅鉱

鉱染した銅の低品位鉱床で,主として黄銅鉱,ボーナイト,黄鉄鉱で構成されおり,モンゾナイト質斑岩の岩株(stock)状の浅所貫入岩体に伴われて産出する熱水鉱床.これらは初期の強い破砕作用および鉱化作用と,その後に起きた貫入火成岩と母岩の浅成富化作用(supergene enrichment)で形成される[Lindgren : 1928, Bateman : 1952].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

斑岩銅鉱の関連キーワード花コウ斑岩(花崗斑岩)エル・テニエンテ銅山ゴールドフィールド鉱リオ・ブランコ銅山チュキカマタ銅山リンドグレン石コニカルコ鉱チュキカマタロクスビー鉱二次富化帯斑岩銅鉱床鉄水鉛華鉱染鉱床硫砒銅鉱銅鉱床富鉱体金鉱床

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android