斗【きょう】(読み)ときょう

百科事典マイペディアの解説

斗【きょう】【ときょう】

斗組(ますぐみ),組物とも。中国系建築の柱上にあって軒をささえる構造をいう。斗(ます)と肘木(ひじき)(【きょう】)からなり,組合せ方によって平三斗,出三斗,大斗肘木など種々の形式がある。古くは雲形の輪郭をもつ雲斗や雲肘木が行われたが,後には簡単な皿斗や舟肘木が用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android