コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斗栱・枓栱 ときょう

大辞林 第三版の解説

ときょう【斗栱・枓栱】

木造建築で、斗ますと肘木ひじきを組み合わせて、柱の上に置き、軒桁のきげたなどを支えるしくみ。主に、寺院建築の深い軒を支えるために用いる。斗組ますぐみ。とぐみ。組物くみもの

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

斗栱・枓栱の関連キーワード木造建築寺院建築軒桁

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android