コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斗栱・枓栱 ときょう

大辞林 第三版の解説

ときょう【斗栱・枓栱】

木造建築で、斗ますと肘木ひじきを組み合わせて、柱の上に置き、軒桁のきげたなどを支えるしくみ。主に、寺院建築の深い軒を支えるために用いる。斗組ますぐみ。とぐみ。組物くみもの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斗栱・枓栱の関連キーワード木造建築寺院建築軒桁

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android