蛇腹(読み)じゃばら

精選版 日本国語大辞典「蛇腹」の解説

じゃ‐ばら【蛇腹】

〘名〙
。また、蛇の腹のような形状・模様。
※此ぬし(1890)〈尾崎紅葉〉三「階子は檜木造、二曲にうねりて蛇腹のごとし」
② 蛇の腹の形状・色彩を連想させる細い紐。
※花ごもり(1894)〈樋口一葉〉四「可愛らしき島田髷にじゃばらの結び下げ」
③ 建物のなどを支えるため、壁の上方を壁面に沿って突出させた部分。
※俳諧・玉海集(1656)二夏「やねうらの虵はらに近きあやめ哉〈貞室〉」
④ 写真機で、レンズと後部焦点面との中間に設けた、布または皮でつくった伸縮自在の部分。スプリングカメラ暗箱などでは、これを伸縮させてピントを合わせる。
※フィルム写真術(1920)〈高桑勝雄〉写真器はどんなものか・写真はどうして出来るか「手風琴の胴に似た蛇腹(ジャバラ)といふのが用ゐてあるのもありますが」
アコーディオンや提灯など、胴体の伸縮自在な部分。
※諸国風俗問状答(19C前)三河国吉田領風俗問状答「此挑灯は骨を竪に八本入れて、それに元結〈〉を巻て蛇腹とし八角に作り」
衣服帽子装飾に用いられる、波型のテープ
⑨ キュウリ、ウドなどの細長い野菜を、両面から細かく切り離さないように小口切りにすること。また、そのもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蛇腹」の解説

じゃ‐ばら【蛇腹】

《蛇の腹のような形状・模様の
組み立て式カメラや引き伸ばし機で、レンズと本体とをつなぐ、遮光性で折りたたみ式の伸縮自在の部分。
建物の軒や壁の最上部などに帯状に巡らした、刳形くりかたのある突出部分。胴蛇腹軒蛇腹などがある。
衣服や帽子の装飾としてつける波状のテープ。
アコーディオン・提灯ちょうちんなどの胴体の、伸縮する部分。
蛇腹糸」の略。
蛇腹伏せ」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「蛇腹」の解説

【蛇腹】だふく

蛇皮の腹。

字通「蛇」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の蛇腹の言及

【コーニス】より

…洋風建物の外壁上端,屋根庇の下,天井と壁の境などに置かれる水平の細長い突出部。蛇腹と訳される。通常,反転曲線面や角面などを組み合わせたモールディング(刳形(くりがた))からなる。…

※「蛇腹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android