コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾欄 コウラン

世界大百科事典 第2版の解説

こうらん【勾欄 gōu lán】

中国の宋・元(960‐1367)時代,開封や杭州などの諸都市に設けられた劇場をいう。原義欄干らんかん)のことであるが,舞台のまわりを干で囲んでいたため,一般に劇場をこの名でよんだ。舞台と観客のための桟敷(さじき)のみの簡単な設備であったと想像されるが,《東京夢華録》など当時の文献によると数千人を容する大規模なものもあったらしい。中では簡単な劇のほか,影絵芝居人形劇講談,漫才や相撲などさまざまな演芸が行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の勾欄の言及

【戯台】より

…中国,劇場の舞台のこと。唐代では各種の芸能の演ぜられた戯場は大寺院の境内や周辺に集中したが,宋代になると都市の盛り場に常設され,なかには数千人を入れる大規模なものもあって,勾欄(こうらん)と呼ばれた。方形の舞台を欄干で囲んで観客席と仕切ったことは,1959年山西省で発見された墓室内のミニアチュールで実証された。…

【口承文芸】より

…〈変文〉は詩も挿入されるので,そうした部分は節をつけて詠ぜられたものであろう。 宋代,特に12世紀以降の南宋の時代になると,都市の市場に〈勾欄(こうらん)〉と称される日本の寄席(よせ)にあたるものが出現し,そこにおいて講釈師による語りつぎ講談が行われ,人気のまとになった。そこにおいては,三国時代の英雄物語が語られたり,水滸伝のはなしが語られたり,孫悟空の物語が語られたりした。…

※「勾欄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勾欄の関連キーワード黃・亢・交・仰・侯・倖・候・光・公・功・劫・効・勾・厚・口・叩・后・向・咬・哄・哮・喉・坑・垢・好・孔・孝・宏・寇・工・巧・巷・幸・広・庚・康・廣・弘・後・恆・恍・恒・恰・慌・抗・拘・控・攻・效・昂・曠・更・校・格・梗・構・江・洪・浩・淆・港・溝・狡・甲・皇・皎・皓・睾・硬・稿・紅・絞・綱・考・耕・耗・肓・肛・肯・肴・腔・膏・膠・興・航・荒・薨・虹・行・衡・講・貢・購・逅・郊・橋懸かり・橋掛かり・橋懸り・橋掛りパラペット勾欄・高欄押し掛かる倚子・椅子中国音楽中国演劇登り勾欄丸岡城橋懸り能舞台高知城いけ花宝珠柱楊枝鉄割り束大道具須弥壇ものは

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android