コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

料金別納 リョウキンベツノウ

デジタル大辞泉の解説

りょうきん‐べつのう〔レウキンベツナフ〕【料金別納】

一定数以上の同一料金の郵便物や荷物を同時に出す場合、個々の郵便物に切手を貼る代わりに所定の表示をし、料金相当額の切手または現金を添えて郵便集配所などに差し出す扱い。→料金後納

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の料金別納の言及

【郵便】より

…現金納付方法には次のようなものがある。(1)料金別納 一度に料金の同じ郵便物を通常郵便物なら50通以上,小包なら10個以上を差し出す場合,いちいち切手をはる手間をはぶくため料金をまとめて払う制度で,料金別納と表示する。また料金計器を用いて別納する料金計器別納の制度がある。…

※「料金別納」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

料金別納の関連キーワードスタンプ(切手、印紙、証紙)バルク・メール郵便割引制度郵便切手

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android