コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斧劈皴 フヘキシュン

デジタル大辞泉の解説

ふへき‐しゅん【×××皴】

山水画における皴法(しゅんぽう)の一。鋭い側筆で、斧(おの)で割ったように峻厳(しゅんげん)な山肌や岩面を表すもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふへきしゅん【斧劈皴】

東洋画の皴法の一。山・岩・石などを描くとき、斧おので削り取ったような筆勢で峻厳な感じを出すもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の斧劈皴の言及

【皴法】より

…山水・樹石画の写実化や,水墨画の興起にともなって,唐末五代のころから現れ始め,しだいに従来の輪郭線と傅彩(ふさい)のみに頼る方法に取って代わった。描く対象の自然,あるいは画家の個性に応じて,多くの方法が発明され,董源,巨然の披麻皴(ひましゆん),范寛の雨点皴,郭熙の鬼面皴,李唐,馬遠の斧劈皴(ふへきしゆん)が知られ,とくに披麻皴は元末四大家や呉派,斧劈皴は南宋院体画や浙派に継承された。【曾布川 寛】。…

※「斧劈皴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報