コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皴法 しゅんぽう cun-fa

6件 の用語解説(皴法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皴法
しゅんぽう
cun-fa

山,岩,堤,樹幹などの襞 (ひだ) を毛筆のさばきにより,立体的に表現しようとする東洋画独特の技法。秦・漢時代に始り,盛唐期に多様化し,五代,北宋の頃盛んになり,元末,南宗画の成立後種類が増した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐ぽう〔‐パフ〕【×皴法】

山水画の技法の一。墨のタッチにより岩石や山岳の量感・質感を表すもの。雨点皴(うてんしゅん)斧劈皴(ふへきしゅん)披麻皴(ひましゅん)など、種類が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

皴法【しゅんぽう】

東洋の山水画で山形・岩石・土坡等の立体感を表現するために用いられる手法。山水画のうちに自然発生的に生じたもので,宋代から次第に形式化が進み,画家・流派などと結びついて各種の名称を与えられるようになった。
→関連項目岡田米山人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんぽう【皴法 cūn fǎ】

東洋画において,山石のひだをかき,立体感と質感を表す画法。山水・樹石画の写実化や,水墨画の興起にともなって,唐末五代のころから現れ始め,しだいに従来の輪郭線と傅彩(ふさい)のみに頼る方法に取って代わった。描く対象の自然,あるいは画家の個性に応じて,多くの方法が発明され,董源,巨然の披麻皴(ひましゆん),范寛の雨点皴,郭熙の鬼面皴,李唐,馬遠の斧劈皴(ふへきしゆん)が知られ,とくに披麻皴は元末四大家や呉派,斧劈皴は南宋院体画や浙派に継承された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅんぽう【皴法】

日本画や南画で、山岳や岩などを描くときの技法。披麻ひま皴・斧劈ふへき皴・荷葉かよう皴など種類が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皴法
しゅんぽう

東洋画における山石(さんせき)などの皴(ひだ)を描く画法。山、土坡(どは)、岩石などの立体感や量感を表現するための一種の東洋的陰影法である。中国では古く秦(しん)・漢代の山岳図にその原始的形態をみることができるが、非写実的・観念的なものといえる。その後、山水画の発展とともに各種の皴法が現れ、さらにこれらが形式化して特定の名称が用いられるようになった。披麻皴(ひましゅん)は麻の緒を開披したような皴の意で、五代~宋(そう)初の画家董源(とうげん)に始まると伝わり、主として南宗画に用いられた線的な皴である。解索皴、乱麻皴、芝麻皴、牛毛皴、荷葉皴などはこの系統に属する。これに対し斧劈(ふへき)皴は斧(おの)で切り開いた劈面のような皴で、面的な性格が強く、北宗画に多く用いられた。これには大小2種あり、大斧劈皴は李思訓(りしくん)(唐)、小斧劈皴は李唐(りとう)(宋)に始まるといわれている。このほか、雨点皴は王維(おうい)(唐)に始まるとされ、董源、巨然(きょねん)らに用いられたのち、北宋の米(べいふつ)が完成したもの。米のものはとくに米点とよばれ、横点であるが、泥裏抜釘(でいりばってい)皴と称されるものは同じ雨点皴でも竪点(じゅてん)である。元末の文人画風成立後はしだいに増加し、明(みん)末清(しん)初の画論には30種以上の皴法がみえる。[村重 寧]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の皴法の言及

【水墨画】より

…また破墨,潑墨を用いる画家が好んでとりあげた奇樹怪石を,節度ある穏やかなものに置きかえ,用墨と用筆との調和融合を主張し,水墨画の豊かな前途を予見している。 水墨画の技法を代表するのがタッチの世界で,これは皴法(しゆんぽう)と呼ばれ,各地の風景の特徴や画家の心情の違いによってさまざまな皴法が生みだされ,それらはしばしば典型化され,命名され,公式化される。概していえば筆すなわち線描は客観的描写を,墨は主情的表現を象徴するもので,水墨画の世界はこの筆墨二極間に成立する楕円にも比せられ,そこに多様な皴法が展開されるのである。…

※「皴法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

皴法の関連キーワード立体映像国画骨描き墨隈披麻皴寄せ襞立体感水掻き吉田斐太麻呂樹法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皴法の関連情報