コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断頭台 ダントウダイ

4件 の用語解説(断頭台の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だんとう‐だい【断頭台】

罪人の首を切り落とすための台。ギロチン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だんとうだい【断頭台】

首斬り台。ギロチン。 「 -の露と消える」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の断頭台の言及

【ギロチン】より

…1789年,パリ大学の解剖学教授で,フランスの憲法制定国民議会議員となったギヨタンJoseph Ignace Guillotin(1738‐1814)により改良考案された斬首装置。ギヨチンともいい,断頭台と訳す。この種の機械は以前からヨーロッパ各地にあったが,92年3月20日,立法議会により死刑執行の装置として正式に採用され,同年4月25日,グレーブ広場(現在のパリ市庁舎前の広場)で強盗殺人犯の処刑の際に初めて使用された。…

※「断頭台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

断頭台の関連情報