コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新リカード学派 しんリカードがくはneo-Ricardian school

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新リカード学派
しんリカードがくは
neo-Ricardian school

P.スラッファや J.ロビンソンらのケインズ学派の影響のもとに,一般均衡理論よりも分配理論を中心に据えた分析を強調し,リカードの現代的解釈に立つ学派。ポスト・ケインジアンの流れに立脚した学派で,L.パシネッティが中心となって,スラッファが提示した経済循環のなかで再生産可能な商品体系を重視し,特に再生産可能な商品価格と生産要素価格を決定する分配との関係を分析する。また異質資本財の集計問題から限界生産力説を否定し,リカード流のアプローチによる経済分析に基づいて,分配理論を重視した体系を構築しようとする学派も含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の新リカード学派の言及

【経済学説史】より

…ミルもまた,労働の移動がない国際間の貿易の場合は別として,需要と無関係に交換比率が決まり,労働価値説,生産費説が成立する場合も多いことを認めている。すなわち古典派の価値論は,需要供給説を基礎にしながらも,需要と無関係になる場合を重視するが,この考え方は現代経済学の一翼を占める新リカード学派(ネオ・リカーディアン)の経済学の基礎になっている。 この考え方は賃金にも適用され,賃金はその社会で習慣的に定まっている労働力の再生産費用に等しいとされ,労働に対する需要の変動は人口の変動に吸収されるというマルサスの人口論に基づく動学的過程が考えられる。…

【自由放任主義】より

…自由放任ということばはA.スミスの《国富論》(1875)の主張を要約したものとして知られている。そして,しばしば,自由放任,レッセ・フェールとは現実の経済をあるがままに放置せよ,あるいは,すべての経済主体とくに生産者(企業)に好き勝手にやらせるのがよい,という意味であるかのように誤解されてきた。この誤解の源は,資本主義のとらえ方が,D.リカードJ.S.ミルなどのイギリス古典派ないしは19世紀後半のアメリカで俗流化されたことにある。…

※「新リカード学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新リカード学派の関連キーワードレギュラシオン理論新ケインズ派経済学説史

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android