集計問題(読み)しゅうけいもんだい(英語表記)aggregation problem

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうけいもんだい【集計問題 aggregation problem】

集計の問題〉ともいう。国民経済の現状や過去の経験的状況を把握し,さらに将来の予測をたてる場合,物価指数や国民総生産(GNP)など,統計的に扱いやすい経済変数を用いた分析(巨視的(マクロ)分析)が行われている。しかし物価指数やGNPなどは,それ自体として存在するものではない。実際,現実の経済ではの数に応じて非常に多くの価格が存在するが,物価指数は,これらの価格を一定の方法で平均したもの,つまりは一種の〈集計量aggregates〉である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集計問題の関連情報