コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新五左衛門 シンゴザエモン

デジタル大辞泉の解説

しんござえもん〔シンゴザヱモン〕【新五左衛門】

江戸時代、遊里で、やぼな田舎武士をばかにしていう語。浅黄裏(あさぎうら)。新五左
「大門といふ額(がく)は四郎右衛門がひたいの事と心得る―殿」〈洒・爰かしこ〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんござえもん【新五左衛門】

遊里などで、野暮な田舎侍をあざけっていう語。武左ぶさ。新五左。 「 - ・頼母たのも、上下にて辞宜しながら出る/歌舞伎・韓人漢文」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新五左衛門の関連キーワード溝口派一刀流小塚秀得松平康次加藤磐斎森山新蔵辰巳之園一刀流田舎侍

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android