コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井源八郎 あらい げんぱちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井源八郎 あらい-げんぱちろう

1824-1865 幕末の武士。
文政7年生まれ。住谷寅之介の弟。常陸(ひたち)水戸藩士。前藩主徳川斉昭(なりあき)が江戸藩邸に謹慎中,小姓頭としてつかえた。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱で松平頼徳(よりのり)にしたがい,那珂湊(なかみなと)で幕府軍や保守派の諸生党の軍とたたかって降伏し,2年4月3日自刃(じじん)。42歳。本姓は住谷。名は直敬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新井源八郎の関連キーワードウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たちフォーレアメリカ合衆国史(年表)ルイマクドナルドマクレー浅田育輝ビルマ戦争グアダルペ・ビクトリア

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android