コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井源八郎 あらい げんぱちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井源八郎 あらい-げんぱちろう

1824-1865 幕末の武士。
文政7年生まれ。住谷寅之介の弟。常陸(ひたち)水戸藩士。前藩主徳川斉昭(なりあき)が江戸藩邸に謹慎中,小姓頭としてつかえた。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱で松平頼徳(よりのり)にしたがい,那珂湊(なかみなと)で幕府軍や保守派の諸生党の軍とたたかって降伏し,2年4月3日自刃(じじん)。42歳。本姓は住谷。名は直敬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新井源八郎の関連キーワードウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たち南北戦争フォーレアメリカ合衆国史(年表)ルイアルペッジョーネシャルル[10世]マクドナルドマクレー

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android