コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那珂湊 なかみなと

6件 の用語解説(那珂湊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那珂湊
なかみなと

茨城県東部,ひたちなか市の南東部,那珂川の河口左岸,太平洋にのぞむ地域。旧市名。 1994年勝田市と合体して,ひたちなか市となった。江戸時代は商港として繁栄。そののちも漁業によって発展し,現在は遠洋漁業根拠地である那珂湊沿岸漁業を主とする平磯,磯崎の3漁港がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかみなと【那珂湊】

ひたちなか市東部の地名。また、平成6年(1994)旧勝田市と合併して現市名となるまでの市名。那珂川河口にある。江戸と奥州を結ぶ中継港として栄え、近年は漁業・水産加工業が盛ん。乾燥芋を特産。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

那珂湊【なかみなと】

ひたちなか[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかみなと【那珂湊】

茨城県東部の旧市。1954年市制。1994年勝田市と合体して,ひたちなか市と改称。旧市域は那珂川下流部左岸の台地,沖積地に位置し,東は鹿島灘に臨む。那珂川河口部にある中心街は,江戸時代,水戸藩による商港開設が発展の契機となり,水運の町として繁栄した。明治中期以後,水運が衰えたため漁業に活路を見いだし,漁港の整備が進められた。1951年以来,漁港の改築が行われたが,漁船大型化への対応が不十分なため,63年からは従来の河口港の下流に外洋港が建設され,あわせて冷凍・冷蔵施設,水産加工場も整えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかみなと【那珂湊】

茨城県ひたちなか市の地名。那珂川河口の港を中心に発展。近世、水戸藩の商港、現在、遠洋漁業基地。乾燥芋が特産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那珂湊
なかみなと

茨城県北東部、ひたちなか市東部の地区。旧那珂湊市。1954年(昭和29)那珂湊町が平磯(ひらいそ)町、前渡(まえわたり)村の一部を編入して市制施行。1994年(平成6)勝田市と合併して、ひたちなか市となる。ひたちなか海浜鉄道湊線と国道245号が通じる。貝塚や古墳群が多く、古代は仲国(なかのくに)、次いで那珂郡幡田(はた)郷、中世は江戸氏、佐竹氏の支配、近世は水戸藩に属した。奥州と江戸を結ぶ海運の中継港として栄え、イワシ漁業も盛んであった。国防上の要地として砲台、異国船番所、反射炉、郷校文武館などが置かれた。また、徳川光圀(みつくに)(いんひん)閣を、歴代の水戸藩主が比観(ひかん)亭、観濤(かんとう)所をつくり、水戸八景の一つ「水門帰帆(みなとのきはん)」とした景勝地でもある。1864年(元治1)に始まった元治甲子(げんじかっし)の乱の激戦地ともなった。明治時代はたばこ製造業が専売法移行まで盛大を極めた。那珂川河口に那珂湊漁港があり、茨城県第一の漁業基地で、水産加工業が盛ん。北部の水戸射爆場跡地は、1989年(平成1)着工の常陸那珂(ひたちなか)港(現在は重要港湾茨城港の常陸那珂港区)や、1991年指定の国営ひたち海浜公園となった。大洗(おおあらい)県立自然公園に属し、阿字ヶ浦(あじがうら)は北関東最大の海水浴場。[櫻井明俊]
『『那珂湊市史料』全7巻(1975~1982・那珂湊市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の那珂湊の言及

【那珂川】より

…河川改修が不十分であった第2次大戦前は茨城県内でたびたびはんらんによる水害が起こった。河口部左岸に位置する那珂湊は,江戸時代から明治初年まで東廻海運の中継港であり,那珂川舟運によって下野(しもつけ)地方とも結ばれ,物資集散地としてにぎわった。現在も,沖合漁業を主体とする漁港が開かれているが,人工港建設によって河口港としての性格は弱まった。…

※「那珂湊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

那珂湊の関連キーワード茨城県東茨城郡茨城町大戸茨城県東茨城郡茨城町小幡茨城県東茨城郡茨城町木部茨城県東茨城郡茨城町下座茨城県東茨城郡茨城町駒場茨城県東茨城郡茨城町下土師茨城県東茨城郡茨城町鳥羽田茨城県東茨城郡茨城町野曽茨城県東茨城郡茨城町谷田部茨城県東茨城郡茨城町若宮

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

那珂湊の関連情報