コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那珂湊 なかみなと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那珂湊
なかみなと

茨城県東部,ひたちなか市の南東部,那珂川の河口左岸,太平洋にのぞむ地域。旧市名。 1994年勝田市と合体して,ひたちなか市となった。江戸時代は商港として繁栄。そののちも漁業によって発展し,現在は遠洋漁業の根拠地である那珂湊,沿岸漁業を主とする平磯,磯崎の3漁港がある。サンマ,サバ,マグロ,カツオ,イワシなどが水揚げされ,加工工場も多い。耕地の大部分は畑地で,養豚,養鶏も行われる。南部には湊公園や反射炉跡がある。平磯,阿字ヶ浦は海水浴場としてにぎわう。海岸一帯は三浜 (さんぴん) 地方と呼ばれ,大洗県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なかみなと【那珂湊】

ひたちなか市東部の地名。また、平成6年(1994)旧勝田市と合併して現市名となるまでの市名。那珂川河口にある。江戸と奥州を結ぶ中継港として栄え、近年は漁業・水産加工業が盛ん。乾燥芋特産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

那珂湊【なかみなと】

ひたちなか[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかみなと【那珂湊】

茨城県東部の旧市。1954年市制。1994年勝田市と合体して,ひたちなか市と改称。旧市域は那珂川下流部左岸の台地,沖積地に位置し,東は鹿島灘に臨む。那珂川河口部にある中心街は,江戸時代,水戸藩による商港開設が発展の契機となり,水運の町として繁栄した。明治中期以後,水運が衰えたため漁業に活路を見いだし,漁港の整備が進められた。1951年以来,漁港の改築が行われたが,漁船大型化への対応が不十分なため,63年からは従来の河口港の下流に外洋港が建設され,あわせて冷凍・冷蔵施設,水産加工場も整えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なかみなと【那珂湊】

茨城県ひたちなか市の地名。那珂川河口の港を中心に発展。近世、水戸藩の商港、現在、遠洋漁業基地。乾燥芋が特産。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那珂湊
なかみなと

茨城県北東部、ひたちなか市東部の地区。旧那珂湊市。1954年(昭和29)那珂湊町が平磯(ひらいそ)町、前渡(まえわたり)村の一部を編入して市制施行。1994年(平成6)勝田市と合併して、ひたちなか市となる。ひたちなか海浜鉄道湊線と国道245号が通じる。貝塚や古墳群が多く、古代は仲国(なかのくに)、次いで那珂郡幡田(はた)郷、中世は江戸氏、佐竹氏の支配、近世は水戸藩に属した。奥州と江戸を結ぶ海運の中継港として栄え、イワシ漁業も盛んであった。国防上の要地として砲台、異国船番所、反射炉、郷校文武館などが置かれた。また、徳川光圀(みつくに)(いんひん)閣を、歴代の水戸藩主が比観(ひかん)亭、観濤(かんとう)所をつくり、水戸八景の一つ「水門帰帆(みなとのきはん)」とした景勝地でもある。1864年(元治1)に始まった元治甲子(げんじかっし)の乱の激戦地ともなった。明治時代はたばこ製造業が専売法移行まで盛大を極めた。那珂川河口に那珂湊漁港があり、茨城県第一の漁業基地で、水産加工業が盛ん。北部の水戸射爆場跡地は、1989年(平成1)着工の常陸那珂(ひたちなか)港(現在は重要港湾茨城港の常陸那珂港区)や、1991年指定の国営ひたち海浜公園となった。大洗(おおあらい)県立自然公園に属し、阿字ヶ浦(あじがうら)は北関東最大の海水浴場。[櫻井明俊]
『『那珂湊市史料』全7巻(1975~1982・那珂湊市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の那珂湊の言及

【那珂川】より

…河川改修が不十分であった第2次大戦前は茨城県内でたびたびはんらんによる水害が起こった。河口部左岸に位置する那珂湊は,江戸時代から明治初年まで東廻海運の中継港であり,那珂川舟運によって下野(しもつけ)地方とも結ばれ,物資集散地としてにぎわった。現在も,沖合漁業を主体とする漁港が開かれているが,人工港建設によって河口港としての性格は弱まった。…

※「那珂湊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

那珂湊の関連キーワードひたちなか海浜鉄道湊線茨城県ひたちなか市ひたちなか[市]大久保甚五左衛門山中新左衛門那波多目功一榊原新左衛門富田三保之介村島万次郎野島佐三郎小野藤五郎鳥居瀬兵衛中村親之介須藤敬之進興野助九郎加倉井久壮加倉井英蔵真木彦之進前木六三郎太宰清衛門

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

那珂湊の関連情報