コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新地主 しんじぬし

1件 の用語解説(新地主の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

新地主【しんじぬし】

江戸中期ごろから,領主対農民の封建的搾取関係のなかに,富を蓄積した町人による新田開発や土地兼併で新たに出現した地主。商人地主とも。没落農民を小作人とし,小作料から領主へ年貢を納めた。
→関連項目地主

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

新地主の関連キーワード大尽舞ドイツ農民戦争帯解き経済外的強制籐笠土豪劣紳農民一揆封建的領主権搾取階級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone