コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新城常三 しんじょう つねぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新城常三 しんじょう-つねぞう

1911-1996 昭和-平成時代の日本史学者。
明治44年4月21日生まれ。昭和11年東京帝大史料編纂(へんさん)所にはいる。24年北大助教授となり,のち北大教授,九大教授,成城大教授を歴任。中世交通史を研究。平成8年8月6日死去。85歳。福島県出身。東京帝大卒。著作に「新稿社寺参詣の社会経済史的研究」「戦国時代の交通」「中世水運史の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新城常三の関連キーワード島津家久ぼっか巡礼宿場先達

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android