コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新安沖海底遺跡 しんあんおきかいていいせきShinan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新安沖海底遺跡
しんあんおきかいていいせき
Shinan

韓国南部,新安郡の沖合にある沈没船の遺跡。 1975年に発見され,76年に調査が行われた。積荷は中国の南宋・元時代の陶磁器が主であり,これに多くの銅銭,金属製品などが伴う。これらは交易品と考えられ,積荷の内容および一緒に引上げられた木簡に「東福寺」と読めるものがあり,日本に向う途中で沈没したものと考えられている。陶磁器の内容と木簡に,元の至治3 (1323) 年の銘のあるものがあることから,この年に沈没したものとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android