新安沖海底遺跡(読み)しんあんおきかいていいせき(英語表記)Shinan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓国南部,新安郡の沖合にある沈没船の遺跡。 1975年に発見され,76年に調査が行われた。積荷は中国の南宋・元時代の陶磁器が主であり,これに多くの銅銭,金属製品などが伴う。これらは交易品と考えられ,積荷の内容および一緒に引上げられた木簡に「東福寺」と読めるものがあり,日本に向う途中で沈没したものと考えられている。陶磁器の内容と木簡に,元の至治3 (1323) 年ののあるものがあることから,この年に沈没したものとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android