コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東福寺 とうふくじ

6件 の用語解説(東福寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東福寺
とうふくじ

京都市東山区にある寺。臨済宗東福寺派大本山。慧日山と号す。嘉禎2 (1236) 年九条道家の創立。円爾弁円を開山とし,京都五山の一つ。鎌倉時代末期に焼失し,室町時代に再建され,のち豊臣秀吉徳川家光などが諸堂を修復した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうふく‐じ【東福寺】

京都市東山区にある臨済宗東福寺派の大本山。山号は慧日山。開創は嘉禎2年(1236)、開山は円爾、開基は九条道家京都五山の第四位。九条家の氏寺で、東大寺興福寺から1字ずつとって寺名とした。創建当初は、真言天台の三宗兼学。寺宝は無準師範像、宋版「太平御覧」など多数。また、三門は禅宗様としては日本最古で国宝。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東福寺【とうふくじ】

京都市東山区本町にある臨済宗東福寺派の大本山。本尊釈迦如来。1236年聖一国師を開山として九条道家が創建。東大寺興福寺を範とした壮大な伽藍(がらん)で,数度の災害にあったが九条家をはじめ諸家の保護により復旧,三門,禅堂,東司(とうす)等室町期の建築を残す。
→関連項目太田荘大野荘(徳島)京都五山九条道家椋橋荘康尚蔗軒日録正徹彼杵荘東山[区]船木田荘碧山日録万寿寺妙喜庵明兆

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうふくじ【東福寺】

京都市東山区にある臨済宗東福寺派の本山。山号は恵日山(えにちさん)。開基は九条道家,開山は円爾弁円(えんにべんえん)(聖一(しよういち)国師)。京都五山の一つ。1236年(嘉禎2)関白九条道家は法性(ほつしよう)寺の近隣,月輪(つきのわ)の山荘に一寺の建立を発願し,39年(延応1)には仏殿建立に着手した。道家はこの寺を東大寺興福寺に擬し,両寺から1字ずつをとって東福寺と命名した。そのころ,入宋(につそう)して径山(きんざん)の無準師範(ぶしゆんしばん)に参じ,その法を継いで帰国した弁円は,筑前で臨済禅を挙揚(こよう)していたが,道家は彼の名声を聞き,43年(寛元1)筑前崇福(そうふく)寺より招いて開山に請じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうふくじ【東福寺】

京都市東山区本町にある臨済宗東福寺派の大本山。山号、慧日山。1236年九条道家の創建。開山は円爾弁円えんにべんえん。奈良の東大寺・興福寺より一字ずつとり寺名とした。京都五山の一。九条・一条両家の廟所。国宝の無準師範画像など多くの寺宝を蔵す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東福寺
とうふくじ

京都市東山区本町にある臨済(りんざい)宗東福寺派の大本山。山号は慧日(えにち)山。本尊は釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)。1236年(嘉禎2)九条道家の発願により法性寺(ほっしょうじ)跡に一堂が創建され、宋(そう)から帰国した聖一国師円爾弁円(しょういちこくしえんにべんえん)を開山に迎え、天台・真言(しんごん)・禅の三宗兼学の道場とした。七堂伽藍(がらん)の完成は道家死後3年たった1255年(建長7)で、東福寺の名は東大寺と興福寺から1字ずつをとった。のち京都五山の第四位に列せられ栄えたが、1319年(元応1)、1334年(建武1)、1336年(延元1・建武3)と相次ぐ火災によって焼亡した。1347年(正平2・貞和3)一条経通(つねみち)が仏殿を再興し、以後足利義持(あしかがよしもち)、豊臣(とよとみ)秀吉、徳川家康らによって諸堂が重修された。1881年(明治14)方丈から失火して仏殿、法堂(はっとう)などを焼失、1890年再建に着手し、1934年(昭和9)4月に至ってようやくその落成をみた。現在、禅宗寺院最古の三門(国宝、室町時代)をはじめ、月下(げっか)門(1264~75)、禅堂(1347)、仁王門(1391)、浴室・東司(とうす)(ともに室町時代)などの建築物(以上、国重要文化財)があり、また無準師範(ぶじゅんしばん)画像(南宋(なんそう)代)や宋版『太平御覧(ぎょらん)』103冊、宋刊本『義楚(ぎそ)』6帖(じょう)12冊、無準師範墨蹟(ぼくせき)、禅院額字・牌字(以上、国宝)のほか、非常に多くの文化財を所蔵する。塔頭(たっちゅう)は中古以来53院あったが、明治以後合併され、現在は竜吟庵(りょうぎんあん)や栗棘庵(りっきょくあん)など25院が残る。寺域広大で、禅堂・経蔵と開山堂をつなぐ通天橋(つうてんきょう)は古来紅葉の名所として有名。[平井俊榮]
『白石虎月編『東福寺誌』(1979・思文閣) ▽『古寺巡礼 京都18 東福寺』(1977・淡交社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東福寺の言及

【京都五山】より

鎌倉五山に対し,京都にある臨済宗の大禅刹,すなわち南禅寺・天竜寺・相国(しようこく)寺・建仁寺・東福寺・万寿寺をいう。中国南宋代の五山官寺制度が,日本に移植されたのは鎌倉時代末期のことで,はじめは建長寺・円覚寺など鎌倉の大禅刹をもって五山としていた。…

【明兆】より

…室町初期の東福寺の画僧。淡路島に生まれ,若くして同地の安国寺に入り,大道一以(1289‐1370)の弟子となり,師より吉山(きつさん)明兆の道号と法諱(ほうき)を授けられた。…

【室町時代美術】より

…京,鎌倉所在の各五山寺院の伽藍は初期,中期に盛況を呈した。しかし今日では往時の面影をとどめているものはわずかに東福寺伽藍だけであり,三門,禅堂,東司(とうす),浴室の中世遺構が現存している。鎌倉円覚寺舎利殿,正福寺地蔵堂(東京都,1407ころ)の両者は方三間単層裳階(もこし)つき仏殿の典型で禅宗様の特徴を内外の各部にうかがえる。…

※「東福寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東福寺の関連キーワード福島慶道東福寺派京都府京都市東山区五軒町京都府京都市東山区小松町京都府京都市東山区下河原町京都府京都市東山区辰巳町京都府京都市東山区常盤町京都府京都市東山区中之町京都府京都市東山区本町京都府京都市東山区八坂上町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東福寺の関連情報