コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新屋由高 あらや よしたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新屋由高 あらや-よしたか

?-? 江戸時代後期の暦算家。
葛西(かさい)忠隆とともに,弘化(こうか)3年(1846)に天文方となった山路金之丞にまなび,陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩校稽古館の数学士となる。通称は源次郎。著作に「自問一冊」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例