葛西(読み)カサイ

百科事典マイペディアの解説

葛西【かさい】

下総(しもうさ)国の地名中世に江戸川を境に下総国葛飾(かつしか)郡を葛東,葛西に分けたのに由来し,おそらく江戸初期葛西を武蔵(むさし)国に含めたとみられ,武蔵国葛飾郡が成立。1880年武蔵国葛飾郡を北葛飾郡・中葛飾郡(埼玉県)と南葛飾郡(東京府)に分け,後者は現在の東京都葛飾・江戸川・墨田・江東の4区にあたる。現在江戸川区南部に東・西・南・北・中葛西の大字名がある。→葛西御厨

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かさい【葛西】

東京都江戸川区南部工業地区。

かさい【葛西】

姓氏の一。中世、下総国葛飾郡葛西荘より興った豪族。奥州藤原征伐で功をなし、伊達氏と共に奥州で勢力をふるう。秀吉の小田原征伐に参陣せず、改易され滅ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葛西の関連情報