コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄季俊 しんじょう すえとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄季俊 しんじょう-すえとし

?-? 平安時代中期-後期の武将。
近江(おうみ)(滋賀県)坂田郡新庄を本拠とする。源頼義(よりよし)につかえ,前九年の役(1051-62)で衣川(ころもがわ),厨川(くりやがわ)の戦いに功をたてる。康平6年安倍貞任(さだとう),重任(しげとう)らの首級を京都にとどけ,右馬允(うまのじょう)に任じられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新庄季俊の関連キーワード新庄季方

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android