コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首級 シュキュウ

大辞林 第三版の解説

しゅきゅう【首級】

〔中国、戦国時代の秦の法で、敵の首を一つ取ると一階級上がったところから〕
討ちとった敵の首。しるし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の首級の言及

【首実検】より

…陣中で敵の首級を検ずること。軍陣作法の一つ。…

※「首級」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

首級の関連キーワード主・修・取・守・手・朱・株・殊・狩・珠・種・繻・腫・衆・趣・酒・須・首ウズミシュ・カガン(烏蘇米施可汗)松尾寺(まつおでら 大阪府)切り首・切首・斬り首・斬首基本政策閣僚委員会モハマド ハタミ桶狭間の戦いワイラス文化有村次左衛門伯母谷将監伊東新五郎応永の外寇茶屋小四郎木村重成弔問外交赤穂事件石村石楯竹崎季長松平忠吉赤穂浪士

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

首級の関連情報