新庄氏(読み)しんじょううじ

世界大百科事典 第2版の解説

しんじょううじ【新庄氏】

近世大名。近江国坂田郡新庄に住すという。新庄直頼はもと豊臣氏に仕えるが,1604年(慶長9)より徳川秀忠に属し,常陸麻生3万0300石を領する。のち3000石分知。さらに74年(延宝2),直矩襲封に際して義兄直時に7000石を分知する。76年直矩の死で嗣子なく領地を収公されるが,名跡は直時が継承。あらためて3000石加増され1万石となり,以後幕末に至る。当主は従五位下駿河守または越前守などに叙任。維新後は子爵

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android