新庄直頼(読み)しんじょう なおより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直頼 しんじょう-なおより

1538-1613* 戦国-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)7年生まれ。新庄直昌の長男。豊臣秀吉,秀頼(ひでより)につかえ,摂津山崎城,のち高槻(たかつき)城による。関ケ原の戦いでは西軍にくわわり,伊賀(いが)上野城を攻略。戦後,会津(あいづ)に流されるが,慶長9年ゆるされ,常陸(ひたち)(茨城県)などに3万300石をあたえられ,麻生(あそう)藩主新庄家(第1次)初代となる。慶長17年12月19日死去。75歳。通称は新三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんじょうなおより【新庄直頼】

1538‐1612(天文7‐慶長17)
安土桃山時代の武将。駿河守,のち宮内卿法印。直昌の子。蒲生氏の一族で近江坂田郡新庄を本貫とし,同郡朝妻城に拠る。豊臣秀吉に仕え,山崎城,大津城などの守将を経て,1595年(文禄4)摂津高槻で3万石を領する。関ヶ原の戦では子息直定とともに西軍に属して伊賀上野城を占拠,戦後改易されて会津の蒲生秀行に預けられる。1604年(慶長9)徳川家康に召し出され,以後常陸麻生で3万0300石を領した。【加藤 益幹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android