コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新思考 しんしこうChintanakan Mai

知恵蔵の解説

新思考

チンタナカーン・マイ」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新思考
しんしこう
New Thinking

ゴルバチョフソ連共産党書記長の外交政策の基本となった考え方。世界は相互依存の関係にあるととらえ,階級闘争東西対立より全人類的価値を優先し,核戦争環境破壊から地球を救うために信頼関係の確立が重要とする。また一国の安全は軍事力によっては保障されないとし政治的な解決を重視した。具体的には,核実験の一方的停止,軍事演習の相互査察に始り中距離核戦力全廃条約調印,通常戦力の一方的削減,アフガニスタンからの撤退などを実行した。またブレジネフ・ドクトリンを否定し,ドイツの統一と NATO残留,東欧共産党政権崩壊を容認した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

新思考の関連キーワードエドアルド シェワルナゼ朝ソ友好協力相互援助条約ミハイル ゴルバチョフ合理的十分性ドクトリンラオス国家建設戦線ソ越友好協力条約ラオス人民革命党ソビエト国際法日露・日ソ関係ラボップ・マイインドシナ問題ペレストロイカガルトゥングポスト冷戦インドシナ高柳 先男中ソ対立

新思考の関連情報