コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新批判主義 しんひはんしゅぎnéocriticisme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新批判主義
しんひはんしゅぎ
néocriticisme

19世紀末のフランスにおける哲学の一派。『哲学評論』 Critique philosophique誌の寄稿者たちから成り,カント哲学の発展的吸収を企てるとともに,特に個人の自由な人格の意味を強調した。 C.B.ルヌービエを中心とし,O.アムラン,F.ピロン,A.クールノーらがいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の新批判主義の言及

【ルヌービエ】より

…当代の主潮流である実証主義に学びつつ,その感覚的経験主義を批判して,カントの批判主義をとり入れ,形而上学を排した認識の普遍的法則の定立を目ざした。その哲学は,〈新批判主義〉〈批判的合理主義〉と呼ばれ,19世紀フランス哲学に大きな影響を与えた。おもな著作に,《一般批判論》(1854‐64),《道徳科学》(1869),《人格主義》(1902)などがある。…

※「新批判主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新批判主義の関連キーワードシャルル ルヌーヴィエ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android